メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

TOKIWAトータルソリューション

洗浄作業場クリーンブース

某化学工場向け洗浄作業場クリーンブース設備導入

システムの概要

工場のフィルタ洗浄作業場へクリーンブース設備を導入しました。
システム構成は、下記①②を各一式です。

①クリーンルーム設備
 (部屋容積 : 24.6m3 御要求クリーン度 : クラス10,000(無作業時)
②可動クリーンブース設備
 (部屋容積 : 6.38m3 御要求クリーン度 : クラス10,000(無作業時) 

お客さまが抱えておられた問題点

・高品質なフィルタを生産するには、フィルタ洗浄工程でのクリーン度が必須だが、既存設備の経年劣化により、清浄度維持が困難となってきた。
・清浄度維持だけでなく、局所的に温湿度の管理が必要な生産工程が存在する。

常盤電機からの提案内容

クリーン度の維持は必要だが、温湿度管理を工場全体で行うことは省エネの観点から非効率。クリーンルーム設備でフィルタ洗浄作業場全体の清浄度を維持し、可動クリーンブース設備で局所的に温湿度管理を提案。
清浄度の維持及び空調は、HEPAフィルターを組み込んだ天井カセット型パッケージエアコンにより行い、ルームは帯電防止パネルとしました。また可動クリーンブースのシートはレールによる可動式とし、開閉できるものとしました。
さらにファンフィルタユニット(HEPA)を設け、クリーンブース内給気と隣接乾燥機への給気を手動ダンパーにより使い分ける方式を提案しました。

導入効果

役割に応じた設備をセット提案することで、フィルタ洗浄作業場全体の清浄度を維持するとともに、局所的な温湿度管理で省エネ・省コスト化を実現。お客さまのご要望に応じた最適な提案ができました。


ページトップ
ページの終了