メニューへジャンプ 本文へジャンプ

会社案内 Company Information

コンプライアンス

常盤電機のコンプライアンスへの取組み

 CSR室、コンプライアンス委員会をリーダーに、企業としての社会的義務であるのはもちろんのこと、社会から信頼される企業を目指しコンプライアンス体制の強化を進めています。
 
 常盤電機では、「良い情報も悪い情報も、全てオープンな企業文化が社員を守り、お客さま満足につながる」と位置づけ、コンプライアンス体制の充実に向けた取組みを行っています。

【当社従業員の倫理規範の基本】

お客さま、仕入先、地域に対して、また、職場、社内にて

1.性別、人種、出身、信仰、価値観などを理由に差別、プライバシーの侵害を行ったり放置してはなりません。

2.自分だけよければいいという利己的な考えは、社会秩序と公平性を乱し、その結果としてさまざまな問題を起こしています。
常に謙虚さと感謝の気持ち、反省の心をもって行動すれば、人間として成長でき、心の満足も得ることができます。

3.自分の持っている能力は、自分の力だけで得たものではありません。
親、人生の師、自然から授かったものです。だからその能力は自分のためだけに使うのでなく、みんなのために発揮することがその人の役目です。

【判断基準のキーワード】

1.少しでも判断に迷ったときは上司に相談、悩んだ時は社員(3名以上)に確認

2.報告の内容、数字に決してウソがあってはならない

3.倫理上の注意や苦言を言い合えるのが、真の「和の精神」

4.「その行動を家族に話せますか?」がチェックポイント

5.情報を孤立させない「ダブルチェック」のシステムが社員を犯罪から守る

【コンプライアンス責任者】

 常盤電機のコンプライアンス責任者は社長、副責任者は総務部長となります。各部門の責任者はそれぞれの部門長となります。


 上記について、『TOKIWA倫理規範』と『行動評価自己シート』を策定し、定期的に勉強会を開催し、社員の意識を高めています。

ページトップ
ページの終了